daytona_Givi
3/17

HARDCASEALL ABOUTHARD CASE02ライダーのためのスーツケースとして旅の快適性を高めるべく進化は続くCOMPANY PROFILE / HARD CASE / OTHER PRODUCTSを固定する〞方法を発案したことがきっかけ。創業の翌年にはE34を開発し、83年に同社初のモーターサイクル用スーツケースとして、モノキーシステム採用のE34Nを発売。当時はBMWのR100RTが純正のケースをようやく装備するという、まさにハードケースの黎明期であった。 その後もイタリアンデザインと信頼性を追求した商品を開発して市場を牽引するジビ。今後の新製品にも大いに期待したい。初代モデルは79年に開発されたE34で、83年にE34Nとして発売。当初より最新モデルのE55にも継承されるモノキーシステム(1つの鍵で開閉・着脱操作が行える)を採用したE55とV46のリフレクタ ーをスモークに変更したモノトーンのクールなイメージがTECHの特長。E300 にはホワイトトップ+スモークレンズ仕様を追加した。11月発売予定だシェルの一部にアルミを用いたヘビーデューティなイメージのトップケースを新開発。容量は46ℓと33ℓが選べる。ジビのサイトで情報が公開されたばかりで本国でも未発売。日本導入は来春の予定冒険心をくすぐる無骨さTREKKERトレッカーのリッド(フタ)は、小物が取り出しやすく内部へ素早くアクセスできるスモールオープン(左)と、フルオープン(右)の2通りに開閉できる20091979OTHER PRODUCTS03高い技術力を生かして多彩なアイテムを開発ヘルメットも販売開始ロードモデル用のTGシリーズ。 さまざまなデザインを施した全7種それぞれにエンド貫通または非貫通タイプが選べるGRIP幅広い車種に対応する汎用タイプをはじめ、純正スクリーンからの交換タイプなどを用意する振り分けタイプのサイドバッグをはじめ、タンクバッグやシートバッグ、スクーターバッグ、バックパックを用意SOFT BAGSCREENフルフェイスやフリップアップタイプなど、さまざまなタイプのヘルメットをリリースするジビ。日本ではまず、シールド付きオープンフェイスのジェットから導入する。便利な格納式インナーバイザー装備のダブルバイザーシステムやベンチレーションを搭載するHELMETジェットヘルがついに日本上陸!ビの使命はライダーとパッセンジャーの荷物を安心して運べるようにすること。 実用的でありながら美しさと取り扱いの容易さを兼ね備えたジビのケース群は、荷物を積載しながらのモーターサイクルでの移動を快適にし、バイクライフに大きな変革をもたらした。 ジビのケースは旅行用のスーツケースをヒントに、創業以前にヴィセンツィさんの元で働いていた技術者のレナト・マッカリネリさんが〝板の上にケースジードケース以外にもライダーに安全と快適さを提供するパーツを開発するジビ。日本ではデイトナがウインドシールド、ソフトバッグ、グリップをリリース。また、注目のヘルメットはシールド付きオープンフェイスタイプを年内に導入することが決定した。ハCOMINGSOON!!近未来デザインが魅力TECHCOMINGSOON!!その歴史30年以上!

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です