SP_Takegawa2018_2019
679/701

Note676■スーパーヘッド+R・ツインスパークスーパーヘッド+R・スーパーヘッド4V+R(モンキー)の注意事項■ボア径54mmシリンダー/ハイクォリティーシリンダー、ロングストローククランクシャフト取付けの際の注意事項■クランクシャフトの取付けには、エンジン脱着、クランクケースの分割、クランクケースの加工が必要になります。■ボア径54mmシリンダー又はハイクォリティーアルミシリンダーをノーマルクランクケースに使用する場合、スリーブ挿入部分の加工が必要になります。  加工は弊社にて行っておりますので、注意事項ページの「クランクケースの加工」をよくお読みになってお送り下さい。■138cc SCUTボア&ストロークアップキット取付けの際の注意事項■138cc SCUTはビッグボア&ロングストローククランクシャフトを採用していますが、クランクケースの加工は必要ありません。※弊社では138cc SCUTキットをボーリング加工済みのクランクケースに装着することは、高出力化による耐久性の面からお薦めしておりません。■ボーリング加工済みのクランクケースの方、又は新たにクランクケースの購入をお考えの方は、弊社製強化クランクケースキットをお薦めします。■高圧縮比になるよう設定されている為、燃料は必ずハイオクタン価ガソリンを使用して下さい。※レギュラーガソリンを使用すると異常燃焼を起こし本来の性能を発揮しない上にエンジンが破損し重大な故障を起こす可能性があります。■弊社製スペシャル・乾式クラッチ、強化オイルポンプが必要になります。※ノーマルクラッチ、強化クラッチでは容量が不足し、クラッチの滑りが生じることがあります。■説明書に明記された指定スパークプラグ、キット付属のスパークプラグを必ず使用して下さい。■空ぶかし、急加速、急激なエンジンブレーキはエンジンに負担がかかります。最悪の場合、ピストン、クランクシャフトが破損しエンジンを壊す恐れがあります。■点火系は弊社製もしくはノーマルのみを適合とします。他社製品との組み合せ等のお問い合せはご遠慮下さい。■必要に応じてオイルクーラーキットを取付け下さい。■スプロケットは出力、仕様に応じた物に変更して下さい。■エンジンオイルはAPI 分類SG.SH.SJ.SL級相当品でJASO規格MA、SAE 10W-40/15W-50程度の物を外気温、使用状況に応じ、ご使用下さい。■使用回転数の上限は12000rpmとなります。エンジン回転計(タコメーター)を取付け、必ず上限回転数以下でご使用下さい。■弊社製品を単独で使用した場合、本来の性能が発揮出来ません。必ずエンジンに見合ったキャブレター、マフラーに交換して下さい。■6V車両でC.D.I.にされる場合は、弊社製C.D.I.マグネットキット(05-02-0312/05-02-0512)(05-02-082)を使用して下さい。■他社製品のC.D.I. KITは使用しないで下さい。※ツインスパーク用C.D.I.マグネットキット(05-02-0322/05-02-0522)■05-02-08/05-02-081の旧アウターローターC.D.I.は点火時期が早過ぎる使用不可。(ベースプレートを変更すれば使用可能)■このキットはクローズド競技用として開発した商品の為、一般公道では使用出来ません。各ボアアップキット、ボア&ストロークアップキットを装着し、原付免許や原付登録のまま一般公道を走行 されると違反になり、運転者ご本人が罰せられる対象になります。※一般公道を走行される場合(138cc除く)は、小型2輪以上の免許を取得し、必ず市町村の役所で原付2種への変更(登録手順は市町村により異なります)、強制賠償保険等の排気量変更の申請を 行い道路運送車両法の保安基準を充たし、遵法運転を心掛けて下さい。 ※排気量が原付2種を越えるキットは一般公道での走行は出来ません。■他社製品との組み合せは行わないで下さい。※他社製品との組み合せのお問い合せはご遠慮下さい。■各ボアアップキットに明記されている対象車両、対象フレームNO.以外の車両には取付け出来ません。キット購入前に車両をご確認の上、ご購入下さい。■キットを取付けの際、工具を準備し取付け要領に従って十分注意して作業を行って下さい。尚、取扱い説明書やホンダ純正サービスマニュアルは基本的な技術や知識を持った方を対象としています 取付け等の経験の無い方、工具等の準備が不十分な方は技術的信用のある専門店へご依頼されることをお薦めします。■ノーマルボルト、ナットを再使用しますが、磨耗、損傷が激しいものは再使用せず、必ず新品をご使用下さい。■記載内容や仕様などは製品改良のため予告無く変更する場合がありますので予めご了承下さい。■ボア&ストロークアップキット(106cc除く)を装着する場合、エンジンの全長が長くなり、ノーマルフロントフォーク、ではエンジンがタイヤに干渉する為、フロント回りの変更が必要になります。 弊社製各種フロントフォークキットの同時装着をお薦めします。■DOHC4Vヘッド・DOHC4V+Dヘッド・デスモドロミック4Vヘッドの注意事項■ボア径54mmシリンダー/ハイクォリティーシリンダー、ロングストローククランクシャフト取付けの際の注意事項■クランクシャフトの取付けには、エンジン脱着、クランクケースの分割、クランクケースの加工が必要になります。■ボア径54mmシリンダー又はハイクォリティーアルミシリンダーをノーマルクランクケースに使用する場合、スリーブ挿入部分の加工が必要になります。  加工は弊社にて行っておりますので、注意事項ページの「クランクケースの加工」をよくお読みになってお送り下さい。■138cc SCUTボア&ストロークアップキット取付けの際の注意事項■138cc SCUTはビッグボア&ロングストローククランクシャフトを採用していますが、クランクケースの加工は必要ありません。※弊社では138cc SCUTキットをボーリング加工済みのクランクケースに装着することは、高出力化による耐久性の面からお薦めしておりません。■ボーリング加工済みのクランクケースの方、又は新たにクランクケースの購入をお考えの方は、弊社製強化クランクケースキットをお薦めします。■DOHC4Vヘッド138cc SCUT取付けの際の注意事項■DOHC4Vヘッド 138cc SCUTを装着した場合、10インチ車であってもシリンダーヘッドがフロントタイヤに干渉する場合があります。弊社製Φ27、Φ30フロントフォークキット装着車 は60mmオフセットトップブリッジ&ステアリングステムキットに変更して頂く必要があります。※弊社製2ピースフロントフォーク装着車はフェンダーが干渉する為、弊社製タイプ1フロントフォークへの変更が必要になります。※旧タイプフロントフォークキット(ボトムケースがゴールド)装着車と138cc SCUTキットの同時装着は出来ません。※ノーマルフロントフォークは同時装着出来ません。■デスモドロミック4Vヘッド 124cc・138cc SCUT取付けの際の注意事項■デスモドロミック4Vヘッド 124cc・138cc SCUTを装着した場合、10インチ車であってもシリンダーヘッドがフロントタイヤに干渉する場合があります。 弊社製Φ27、Φ30フロントフォークキット装着車は60mmオフセットトップブリッジ&ステアリングステムキットに変更して頂く必要があります。※弊社製2ピースフロントフォーク装着車はフェンダーが干渉する為、弊社製タイプ1フロントフォークへの変更が必要になります。※旧タイプフロントフォークキット(ボトムケースがゴールド)装着車と138cc SCUTキットの同時装着は出来ません。※ノーマルフロントフォークは同時装着出来ません。■デスモドロミック4Vヘッド取付け確認確認条件:弊社製Φ27フロントフォーク・タイヤ:3.50-8(BT-390)、3.50-10(TT90・外径424mm)・トップブリッジ、ステムは60mmオフセットタイプ    :フォーク突き出し量0mm・下記表示の隙間(mm)はフルボトムした状態でハンドルを左右にきり、一番隙間の狭い所を計測■高圧縮比になるよう設定されている為、燃料は必ずハイオクタン価ガソリンを使用して下さい。※レギュラーガソリンを使用すると異常燃焼を起こし本来の性能を発揮しない上にピストンが破損し重大な故障を起こす可能性があります。■弊社製スペシャルクラッチ・乾式クラッチ、強化オイルポンプが必要になります。■空ぶかし、急加速、急激なエンジンブレーキはエンジンに負担がかかります。最悪の場合、ピストン、クランクシャフトが破損しエンジンを壊す恐れがあります。■点火系は弊社製もしくはノーマルのみを適合とします。他社製品との組み合せ等は行っていない為、組み合せのお問い合せはご遠慮下さい。■必要に応じてオイルクーラーキットを取付け下さい。 ■スプロケットは出力、仕様に応じた物に変更して下さい。■エンジンオイルはAPI 分類SG.SH.SJ.SL級相当品でJASO規格MA、SAE 10W-40/15W-50程度の物を外気温、使用状況に応じ、ご使用下さい。■使用回転数の上限は12000rpmとなります。エンジン回転計(タコメーター)を取付け、必ず上限回転数以下でご使用下さい。■弊社製品を単独で使用した場合、本来の性能が発揮出来ません。必ずエンジンに見合ったキャブレター、マフラーに交換して下さい。■このキットは競技車両用として開発した商品の為、一般公道では使用出来ません。各ボアアップキット、ボア&ストロークアップキットを装着し、原付免許や原付登録のまま一般公道を走行される と違反になり、運転者ご本人が罰せられる対象になります。※一般公道を走行される場合(138cc除く)は、小型2輪以上の免許を取得し、必ず市町村の役所で原付2種への変更(登録手順は市町村により異なります)、強制賠償保険等の排気量変更の申請を 行い道路運送車両法の保安基準を充たし、遵法運転を心掛けて下さい。■他社製品との組み合せは行わないで下さい。※他社製品との組み合せのお問い合せはご遠慮下さい。■各ボアアップキットに明記されている対象車両、対象フレームNO.以外の車両には取付け出来ません。キット購入する前に車両をご確認の上、ご購入下さい。■キットを取付けの際、工具を準備し取付け要領に従って十分注意して作業を行って下さい。尚、取扱い説明書やホンダ純正サービスマニュアルは基本的な技術や知識を持った方を対象としており ます。取付け等の経験の無い方、工具等の準備が不十分な方は技術的信用のある専門店へご依頼されることをお薦めします。■記載内容や仕様などは製品改良のため予告無く変更する場合がありますので予めご了承下さい。■ボア&ストロークアップキット(106cc除く)を装着する場合、エンジンの全長が長くなり、ノーマルフロントフォークではエンジンがタイヤに干渉する為、フロント回りの変更が必要になります。 弊社製各種フロントフォークキットの同時装着をお薦めします。■各ボアアップキットの注意事項           ※ボアアップキット等をご購入の際、必ずお読み下さい。8インチ用Φ27フォーク(タイプ1 / 2ピース)10インチ用Φ27フォーク(タイプ1)※10インチ用Φ27フォーク(2ピース)は同時装着出来ません。排気量106cc SCUT124cc138cc SCUT取付け○○○備考(フェンダー取付け等)タイヤとヘッドの隙間(15mm以上)ダウンフェンダー取付け可能。アップフェンダーを装着するには加工が必要。フェンダーとヘッドの隙間:タイプ1(8mm)2ピース(10mm)タイヤとヘッドの隙間(15mm)ダウンフェンダーを装着するには加工が必要。フェンダーとヘッドの隙間:タイプ1(2mm)2ピース(干渉)アップフェンダーを装着するには加工が必要。タイヤとヘッドの隙間(9mm)ダウンフェンダーを装着するには加工が必要。フェンダーとヘッドが干渉しています。アップフェンダーを装着するには加工が必要。排気量106cc SCUT 124cc138cc SCUT 取付け○○×備考(フェンダー取付け等)タイヤとヘッドの隙間(15mm)弊社製フェンダーの取付けが可能。タイヤとヘッドの隙間(7mm)弊社製フェンダーの取付けが可能。タイヤとヘッドの隙間(1mm)

元のページ  ../index.html#679

このブックを見る