BRAKE DISC CATALOG Vol.2
11/25

9BRAKE DISC CATALOG Vol.2アウターローターアウターローターの形状によってブレーキ性能は大きく変わります。プレミアムレーシングは3種類の形状に、それぞれ違う特徴を持っています。自分に合った使い方、スタイリングに合わせて選べます。ブレーキディスクの性能を向上させる一つの方法として、アウターローターの厚み(板厚)を変える方法があります。多くの車体に標準サイズとして採用されている5.0mm厚と、0.5mm厚くした5.5mm厚の2種類から選べます。G typeL type熱をコントロールする板厚0.5mmがブレーキ性能を変えるスリットとホールの良いところを両方兼ね備えた形状。スリットのクリーニング効果と、ホールによる放熱効果と軽量化。 常に最高峰を求めるあなたに。ホール径 φ7.0mmホール数 75スリット幅 3.0mmスリット幅 4.0mmサンスターディスクローターの代名詞ともいえるスリット形状。耐熱性にも優れる。他とは違うブレーキを求めるあなたに。ホール経 φ9.0mmホール数 60優れた放熱性と重量性能に優れた形状。 プレミアムレーシング最軽量のホールタイプ。レーシングスペックを求めるあなたに。ピストンの突出量の違い・ピストンの突出量が少なくなるためブレーキフィーリングのダイレクト感が増します。・熱容量が増えることにより、熱ひずみに強くなります。・耐熱性が上がり、レバーが安定します・キャリパーによっては装着できない場合があります。・重量が増加します。アウターローターを厚くすることによるメリット・デメリットメリットデメリット5.5mm5.0mm突出量が少ないと、ブレーキフィーリングが向上し、ジャダーやチャタリングなどのブレーキトラブルも発生しにくくなります。ブレーキパッドピストン5.5mm5.0mm5.0mmディスクの厚み5.0mmディスクの厚み5.5mmキャリパー本体E type放熱性熱容量重量(軽さ)価格クリーニング性放熱性熱容量重量(軽さ)価格クリーニング性放熱性熱容量重量(軽さ)価格クリーニング性フィーリング熱容量重量(軽さ)価格 耐フェード性フィーリング熱容量重量(軽さ)価格 耐フェード性

元のページ 

page 11

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です