2017-2018 Takegawa PARTS CATALOG Vol.27
662/669

Note659スプロケットの減速比は“ドリブン(リヤ)スプロケット歯数÷ドライブ(フロント)スプロケット歯数”で算出します。この数値が小さいほど最高速重視になりますが、加速が悪くなります(ハイギア)。逆に数値が大きいほど加速が良くなりますが、最高速が落ちます(ローギア)。下の減速比表で、お客様のバイクのエンジンパワーに合った選定をして下さい。(例)エンジンパワーがあって最高速を上げたい場合は現状より歯数の少ないドリブンスプロケットにします。(例)もっと加速力が欲しい場合は現状より歯数の大きいドリブンスプロケットにします。(注)減速比が小さすぎた場合、加速が悪くなりトップギアでの回転数・最高速が落ちます。  減速比が大きすぎた場合、トップギアでエンジンが吹けきってしまいます。■減速比について排気量クラッチミッションタイヤ二次減速比   例1 S-Stage88cc ノーマル又は 強化クラッチ (16/69)  ノーマル  8インチ  1.56    例2   88cc  ノーマル又は  強化クラッチ  (16/69)   ノーマル 8インチ  10インチ 1.5     1.7    例3         例4         例5             88cc            強化クラッチ(18/67)            スペシャルクラッチ            乾式クラッチ スーパーストリート   S-Touring 6速クロス8インチ  10インチ   8インチ  10インチ  8インチ  10インチ 2.3 2.5 2.5 2.7 2.3 2.5     例6         例7          例8       106cc~124cc           強化クラッチ(18/67)           スペシャルクラッチ            乾式クラッチ スーパーストリート  S-Touring 6速クロス 8インチ  10インチ 8インチ  10インチ 8インチ  10インチ 1.8 2.0 2.1 2.3 1.8 2.0 排気量クラッチミッションタイヤ二次減速比※減速比はあくまでも目安ですので体重等諸条件に よっても変化しますので必ず参考として下さい。■モンキー・ゴリラ減速比目安12T13T14T15T16T23T1.911.761.641.531.4324T2.001.841.711.601.5025T2.081.921.791.671.5626T2.172.001.861.731.6227T2.252.081.931.801.6828T2.332.152.001.871.7529T2.422.232.071.931.8130T2.502.312.142.001.8731T2.582.382.212.071.9332T2.672.462.292.132.0033T2.752.542.362.202.0634T2.832.622.432.272.1235T2.922.692.502.332.1836T3.002.772.572.402.2512T13T14T15T16T37T3.082.852.642.472.3138T3.172.922.712.532.3739T3.253.002.792.602.4340T3.333.082.862.672.5041T3.423.152.932.732.5642T3.53.233.002.802.6243T3.583.313.072.872.6844T3.673.383.142.932.7545T3.753.463.213.002.8146T3.833.543.293.072.8747T3.923.623.363.132.9348T4.003.693.433.203.0049T4.083.773.503.273.0650T4.173.853.573.333.12■減速比表ドライブ×ドリブン16T×23T16T×25T16T×28T16T×30T16T×33T16T×35T16T×38T16T×41T16cmロング12cmロング8cmロング4cmロングノーマル98981001001021021041069090929294949698848486868888909276767878808082847272747476767880■モンキー・ゴリラ・BAJAのスイングアーム長さとスプロケットの違いによるチェーンのリンク数目安です。モンキー(遠心3速車)6Vモンキー・ゴリラ(マニュアル4速車)12Vモンキー・ゴリラモンキーBAJAモンキーR/RTApe50Ape100ドライブスプロケット12T12T13T13T15T14T15Tドリブンスプロケット37T31T31T31T37T46T33T■走行してトップギヤで最高出力回転まで吹け上がる場合(排気量や仕様により最 高出力回転数は変わりますが)選択したスプロケットは合っています。 もし、走行して1-2-3速位までは最高出力回転数まで吹け上がるがトップギヤで は最高出力回転まで吹け上がらないという場合はハイギヤすぎます。 トップギヤで最高出力回転数まで吹け上がるスプロケットを選択した時、それが ライダーの体重やエンジンのトルクに合った二次減速比ということになります。■スタンダードスプロケット※上記の商品価格はすべて税抜価格です。消費税分は別途精算させて頂きます。

元のページ  ../index.html#662

このブックを見る